国際恋愛ならでは?【ニュージーランド人の彼の親とのコミュニケーション方法】

0

     

     

     

     

    前回の記事で『ニュージーランド人の彼からプロポーズ!海沿いで…??』で書いたように、

    なんと幸せなことに!!!

    彼からプロポーズを受けました( ;∀;)♡

     

     

     

    プロポーズを受け二ヵ月経つ今、結婚が現実味を帯びてきて、

    少しずつですが結婚にむけての話が進んでいます。

     

     

     

    ありがたいことに、彼の両親には可愛がってもらっているのですが、

    いざ結婚!!となると義理の両親になるし、若干肩に力が入るのが本音だったり(;^ω^)

     

     

     

    国際恋愛中の方やこれから結婚する方で、同じように感じる方もいらっしゃるのでは!?と思ったので、

    今日は私が彼の両親とどのようにコミュニケーションを取っているかのご紹介です♪

     

     

     

    もちろん人それぞれ家族構成や、コミュニケーションの取り方は変わってくるので、

    こんな人もいるんだ〜!くらいの、軽い気持ちで読んでくれたら有難いです♡

     

     

     

     

     

    ◆まず初めに彼の家族構成

     

    彼が幼いころに両親は離婚し、こちらニュージーランドで父親と義理の母親が一緒に暮らしています。

    母親はオーストラリアでパートナーと一緒に生活をしていて、彼の弟もオーストラリアで生活をしています。

     

     

     

     

     

    ◆彼の両親と義理母をどう呼べばいいの!?

     

    これはもう遠慮なく下の名前で呼ばさせていただいてます!

     

     

    『Daddy・ダディ』や『Mum・マム』と呼ぶ方もいるのですが、私の場合彼の父親を『ダディ』と呼べても、義理の母親は『マム』とは呼べず、それなら二人とも下の名前で呼ばせてもらおう!と思ったのです♪

     

     

    彼も義理の母親を下の名前で呼んでいるので、私が『マム』と呼んだら違和感ありありですしね(;´Д`)

     

     

    彼の母親も、もちろん下の名前で呼んでいます。

     

    たまに『〇〇〇さん』と呼ぶと三人とも、それいいね!と喜んでくれるので、愛嬌いっぱいに〇〇〇さん!と呼んだりもします(笑)

     

     

     

     

     

     

    ◆会う頻度は!?

     

    父親と義理母は近くに住んでいるので、結構な頻度で会います!

     

     

    月一程度で家にディナーに誘われるし、一緒にテニスをしに行ったり、

    彼の働いてるカクテルバーに飲みに行ったり、義理母の職場の人たちと一緒にディナーをしたりと、どこそこ連れまわされます(笑)

     

     

    彼の母親は、オーストラリアに住んでるのでなかなか会えませんが、

    ニュージーランドに遊びに来たときは、長い間うちに泊まりますし、ひたすら一緒でした!

     

     

    婚約した今、もはや母親からウエディング情報のメッセージ攻撃です!

     

    『このウェディングプランナーがいいんじゃない?』

    『ドレスはどうする??』など(笑)

     

     

    正直、ヒョエ―!プレッシャーや〜(*´Д`)となりますが、

    こんなにも婚約を喜んでくれて感謝ですね!

     

     

     

     

     

    ◆家にディナーに誘われたら!?

     

    上記にも書いたように、月一程度で家でディナーに誘われる私たち。

     

     

    誘われたら赤と白のワインを一本ずつ持っていくようにしています。

    父親と義理母の好みに合わせたワインを♪

     

     

    海外でハウスパーティーに誘われたら?楽しむコツや持っていくもの』でも書いたように、

    お酒は持っていきますが、このときは勝手に冷蔵庫は開けません(笑)

     

     

    家に着いたら『招待してくれてありがとう♡』のハグから始まり、

    ワインを渡して世間話を楽しんでます♪

     

     

    義理母がせっせと料理の準備を始めているので『手伝いましょうか?』と聞くと、

    『大丈夫だから座ってて!』と毎回言われるので、お言葉に甘えて座ってワインを飲んでいます(笑)

     

     

    彼女は料理のこだわりがある人だから大丈夫!と彼も言うので、

    庭を荒らすのはやめて大人しくしとこう!と思いまして(笑)

     

     

    ただ、食後のティータイムは率先して手伝います。

    義理母は夜にカフェインを取りたくない人だから、ミントティー、

    父親にはミルクたっぷりのイングリッシュブレックファーストなど、二人の好みを覚えて♪

     

     

     

     

    ◆会話は弾ませて♪

     

    海外に出て思ったことの一つになりますが、

    オーストラリア、カナダ、ドイツ、そしてここニュージーランドでも、みんな自分のことをよく話す話す!

     

    家庭、プライベート、仕事のこと、過去のこと。

     

    彼の両親と義理母にもそりゃぁ色々聞かれます!

    先日は父親に『最初の失恋はどんなだったのー?』と聞かれましたよ!彼の前で(笑)

     

     

    あまりにもワクワクして聞いてくるもんだから、

     

    『あれは19歳の時、地元で…』

     

    と、私も素直に話しちゃいましたね!(笑)

     

     

    個人的な意見ですが、会話も受け身な日本人の私たちですが、

    ガンガン話してコミュニケーションを取ろうとしたら、

    真剣に聞いてくれるし、分かろうとしてくれます。

     

     

    たまに分からない単語が出てくると、

    もちろん遠慮なく聞いたりもします♪

     

     

    一つまた単語覚えたね!と父親も義理母も喜んでくれるし、

    私も勉強になりますしね( *´艸`)

     

     

     

     

     

     

    いかがでしたでしょうか?

     

     

    冒頭にも書いたように、コミュニケーションの取り方は人それぞれなので、

    参考の一部にしていただけたら嬉しいです♡

     

     

    以上四点、彼の両親と義理母とどのようにコミュニケーションを取ってるかの紹介でした♪

     

     

     

     

    余談ですが彼曰く、

    日本と同じく、ニュージーランドも年代によっては国際結婚や恋愛に抵抗のある人もいるらしいです。

     

     

    そう思うと、彼の両親と義理母は歓迎して迎え入れてくれたことに感謝でしかありませんね♡

     

     

     


    人気ブログランキング

    <スポンサーリンク>



              <スポンサーリンク>
            
    コメント
           
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>

    スマートフォン

    カウンター

    <スポンサーリンク>

    selected entries

    categories

    archives

            

    recent comment

    • 海外に出る前に知ってもらいたいこと癸
      広島ゆき
    • 海外に出る前に知ってもらいたいこと癸
      Haru
    • 海外に出る前に知ってもらいたいこと癸
      Mana Kanetaka
    • トマトソースとケチャップ
      はーる

    links

    profile

    書いた記事数:52 最後に更新した日:2018/04/18
       

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM