【人生は選択のカタマリ】海外生活での気づき

0

     

     

     

     

    みなさんは、自分の人生の選択に満足していますか?

     

     

     

     

    南半球のニュージーランドも冬に向かって徐々に寒くなってきたからか、

    今日は今までになく1人でモンモンと考えていました、人生の選択について。

     

     

     

    まだ32年間しか生かされてない私が、

    人生について語るなんて3億年早いのですが、

    私が思う人生の選択についてアウトプットしていこうかと。

     

     

     

    きっとみなさん一度は『もしも』の話を友達や家族、愛する人と話したことがあるのではないかと思います。

     

    きっとみなさん一度は『もしも』を自分自身に問いかけたことがあるのではないかと思います。

     

     

     

    もしも自分が男だったら?

    もしも宝くじが当たったら?

    もしも有名人になったら?

     

     

     

     

    遥か昔の十代のころ、

    もしも自分が総理大臣になったら?と身の程知らずで考えたことがあります(笑)

     

    そしたらまずは日本の国歌を変えるね!

    と胸を張って言っていた私(/ω\)

     

    国歌が暗すぎてジメーっとしてるから、

    ちょっとこうラップを挟んで、

    『き〜み〜が〜YO!は〜♪チェケラ♪』とかね!

    ってアホ丸出しで言っていた時代もありました(笑)

     

     

     

     

    そんなアホ丸出しな時代を経て、

    今現在一番自分に問いたいことは、

     

     

     

     

    もし、もしも、

    海外に出ずに日本での生活を選択していたら…?

     

     

     

     

    きっとこの『もしも』話は、海外生活を長く送っている方達は一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

     

     

     

    こう自分に問いたいのは、

    今の生活に不満があるわけではありません。

     

     

    むしろ、

    手足が動く、目が見える、愛する人達が周りにいる、美味しいものが食べれる、

    こんなに幸せでいいのかと申し訳なくなるほどです。

     

     

     

    ただ、

    『海外に出ようと決めた理由 国籍を勘違い?』でも書いたように、

    自分をキャサリンだと思い込まずにずっと日本に居たら…?

     

     

     

    て、考えるのはやっぱり自分は日本人だから、日本が好きだから。

    家族や地元の友達たちに会いたくなるから。

     

     

     

    9年前はスマホはなく、ガラケーの時代。

    日本のみんなと連絡を取る手段はパソコンのスカイプのみ。

     

     

    そう思うと今はタイムリーに連絡は取れるし、

    どんなに離れてても距離感を感じさせない現代。

     

     

    こんなに幸せな事はないのですが、

    テクノロジーが発達すると同時に人間の欲も増えてしまうのは私だけでしょうか。

     

     

     

    海外に出たからこそ気づけた『人生は選択』だという事。

     

     

     

    もはや人生は選択のカタマリです。

     

    今日着る洋服を決めるのも自分、

    食べるものを決めるのも自分、

    海外に出ようと決めたのも自分、

    右か左か、黒か白かを決めるのも自分。

     

     

     

    ただひとつ、選択できないのは『出会い』。

     

     

     

    今いる周りの皆と出会うと知ってて仕事を見つけたわけではなく、

    今いる周りの皆と出会うと知っててニュージーランドに来たわけでもありません。

     

     

    自分が選択した道と、その人の選択した道が交差して出会えた奇跡。

     

    出会いはミラクルなんだと気付かせてくれたのも海外生活。

     

     

     

    海外生活で得たものは数え切れないほど。

     

     

     

    きっともし、もしも、

    日本に居ることを選択していたのなら、

    こんな大切なことに気づくことが出来たのかは分かりません。

     

     

    幸せな日常なのは間違いないだろうけど、

    きっと普通にOLして、

    周りに愛する人たちがいるのが当たり前で、

    甘えて生かされていたのではないかと思います。

     

     

     

    みんな迷います、悩みます、過去を振り返ります。

    自分の変化、周りの変化に怖さを感じることもあります。

    人間そんな強くないから。

     

     

    だからこそ、そこから学びや気づきが生まれるのです。

     

     

    正直未だに自分の選択が正しいのか分からない。

     

     

    ただ、自分の選択した道を正解にすることはできます。

     

     

    きっとこれからも多大な努力と、迷いや不安を感じることもあるだろうけど、

    唯一選択できない『出会い』に感謝して、自分の選んだ道が正解!満足!と胸を張って言えるよう責任を持って進むのみ!

     

     

     

    自分を信じることは簡単なことじゃないけれど、

    自分を信じなきゃ前には進めない。

     

     

    今なにかに悩んで迷ってる方達も、

    どんな選択をするにせよ、自分の選んだ道を正解にするのは自分次第です。

    例えそれが長い道のりになったとしても。

     

     

    きっと日本に居ようが、ドイツだろうがニュージーランドだろうが、

    いくつになっても生きてる限り、選択する事と隣り合わせで生かされていくのでしょうね。

     

     

    もはや選択できること自体が幸せなんですが♡

     

     

     

     

    ちなみに日本を出た今だからこそ思うけど、

    総理大臣が国歌をラップ口調に変更!と選択しなくて良かったと安心しております(笑)

    『君が代.フィーチャリング.エミネム』とかじゃなくて良かったと(笑)

     

     

    あの、おもむきがある国歌が日本らしさですもんね!( *´艸`)

     

     


    人気ブログランキング

    <スポンサーリンク>



              <スポンサーリンク>
            
    コメント
           
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>

    スマートフォン

    カウンター

    <スポンサーリンク>

    selected entries

    categories

    archives

            

    recent comment

    • 海外に出る前に知ってもらいたいこと癸
      広島ゆき
    • 海外に出る前に知ってもらいたいこと癸
      Haru
    • 海外に出る前に知ってもらいたいこと癸
      Mana Kanetaka
    • トマトソースとケチャップ
      はーる

    links

    profile

    書いた記事数:52 最後に更新した日:2018/04/18
       

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM