【ファームの仕事が3日でクビになった話】in オーストラリア

0

     

     

     

     

    今日は私の人生の中でトップ5に入るであろうネタの一つを紹介させていただきます。

    どうぞなんでやねん!と突っ込んで、笑ってあげてください(笑)

     

     

     

     

     

    初めてのワーホリでオーストラリアのケアンズに入国した、9年前。

     

     

     

    目に映るもの全てが新鮮で、

    オーストラリアの日差しが眩しくて、

    ケアンズで英語よりも韓国語と大阪弁を学び、

     

     

     

    せや!!ファームで働こう!!チンチャ!(韓国語で'マジで')

     

     

     

    と思ったのがワーホリの三ヵ月目が過ぎた時。

     

     

     

    ワーホリ経験者や海外で生活してる方はご存知でしょうが、

    このファームとやら、ようは農場・農園です。

     

     

    その都市の気候や獲れるものでファームの種類も異なるのですが、

    おもに、バナナ、ズッキーニ、マンゴー、パプリカ、ぶどう、ハーブなど。

     

     

    そしてこのファームの仕事の最大の魅力が、

    一年間有効のワーホリビザが、3か月以上ファームで働くと、更にあと一年間ビザがもらえるというミラクルが起きるのです。

     

     

    オーストラリア生活たった一年間じゃ足りないよー!というワーホリの若者には最高なシステム!

     

     

     

    なので私も挑戦してみようじゃん!と思った22歳の若かりし頃。

     

     

     

    そもそも、最初の三ヵ月でクラブでの遊びとBBQの仕方、そして韓国語と大阪弁を学んだ私なので、その時点の英語力の乏しさといったら。

     

     

     

    そこで一緒にファームに行こう!と決めた友達の知り合いのお力を借りまして、

    その心優しいお姉さんがファームに直接電話をしてくれたのです。

     

     

     

    そしたらなんとまぁ!

    そこのファームが二人募集してると言うじゃないですか!

     

     

     

    なので友達と行くしかないっしょ!とすぐにブリスベン行きの飛行機を予約し、力を借してくれたお姉さんにありがとうを伝え、すぐさまブリスベンへと飛びました。

     

     

     

    そして無事にブリスベンに着き、

    私たちが向かった先はリンゴのファーム!

    周りはヨーロピアンか分からないけどアジア人が見当たらない!

    アジア人は友達と私だけ!

     

     

     

    あの当時、だいぶビビりました。

    だって英語話せなかったんですもん。

    だってアジア人がいない環境が初めてだったんですもん。

     

     

     

    せっかく学んだ韓国語と大阪弁を披露する場とはかけ離れ、

    この環境で頑張るぞー!と気合いを入れて、次の日からさっそく仕事です。

     

     

     

    いやー、全くファームのオーナーが言ってることが分からへん!

     

     

     

    唯一分かったのは、

    今はリンゴの時期じゃないからピッキングは出来ない、だからリンゴの枝をカットしてくれ!と。

     

     

     

    おーけー!おーけー!そんなの余裕でしょ!

    と、脚立を渡され枝のカットが始まりました!

     

     

     

    意外なことに、思ったよりも硬くてカット出来ない…。

    でも負けてたまるかー!と必死に働き、結果一日でカットできた木は30本ほど。

     

     

     

    なんとこれ、木を一本仕上げて$1の稼ぎです。

    しかも二人一組で仕上げていくので、一本仕上げて一人50セントの稼ぎ。

     

     

     

    初日とは言え、一日たった30本ほどしか仕上げれなかった。

    ってことは一日$15(1200円ほど)の稼ぎ!?

     

    そして家賃に週$200払ってたので…

     

     

     

    むっちゃ赤字やん!!!

     

     

     

    と思ったまま、その日は眠りにつきました。

     

     

     

     

    今日は50本は仕上げるぞー!と気合いを入れて迎えた二日目。

     

     

    のんきにピースサインで写真撮影してる自分に笑えてきます、

    まさか三日目に悪夢が起きるなんて知らずに…(笑)

     

     

    そしてこの写真撮影のあとに必死に働きましたよ、友達と!

    確か50本近く仕上げたのを覚えています。

     

     

     

    さ、明日は70本を目標に!と迎えた三日目。

     

     

     

    どんどんコツをつかんでカットが早くなってきたのを自分でも感じながら、

    ルンルンでバキバキとカットしていた最中、

     

     

    オーナーが近づいてきて言いました。

     

     

     

     

    ・・・・・・

     

     

     

     

    お前らクビだ!!!!

     

     

    とね。

     

     

     

     

    えぇぇぇぇっぇ!!!???何でやねん!!!???

     

     

     

     

    と大絶叫ですよ、私たち。

     

     

     

    どんどん早くなってカットのコツもつかんできたのに、

    何でクビなん(*´Д`)!!??

     

     

     

    よくよく聞くと、

    カットしなくていい枝までもバキバキとカットしていた私たち。

     

     

    英語がよく分からず、

    とりあえずで仕事して、大事な枝までもカットしまくってた私たち。

     

     

     

    そりゃクビですよね(;・∀・)

     

     

     

     

    初日に、枝をカットしてくれ!と言われた時に、

    『mb>*4$$@v+??』と、何かゴニョゴニョと言っていたのを思い出し、

    きっと大切な事を言っていたのだろうけど気にも留めずにガンガン、バキバキ枝をカットしていた私たち。

     

     

     

    そりゃクビですよね(;・∀・)

     

     

     

    そして明日の朝の6時のバスがあるから、

    それに乗って出て行け!と。

     

     

     

    これまた、えぇぇぇぇっぇ!!!???

     

     

    いくらなんでも急すぎる!!

     

     

     

    せめて一週間分家賃払ってるんだから、あと4日居させてよ!

    と言う私たちに、

     

     

    働かないものここに居る理由はない!

    残りの家賃代は返すから明日の朝出て行け!!

     

     

    と、まぁ突き放す突き放す。

     

     

     

     

    そして撃沈しながら友達と荷造りして、

    朝の6時のバスに揺られてブリスベンのシティーへと向かったのでした。

     

     

     

     

    これが最初に経験したファームの仕事。

     

    がむしゃらにリンゴの枝をカットしまくって三日でクビ。

     

    英語が分からなくて。

     

     

     

     

    バキバキ枝をカットしてごめんなさいと思うと同時に、

    クビになってもなぜかパワフルだったのは、

    友達が一緒だったのと、若さでしょうか(笑)

     

     

    お怒りのオーナーの写真や、

    朝の出発前にもこんな写真を撮ってるなんて。

     

     

     

    誰でも出来る仕事だと聞いていたファームの仕事。

    それがクビになった。

     

     

     

    この経験が今の自分に糧になったのは言うまでもないです。

     

     

     

    『郷に入っては郷に従え』と言うように、

    韓国語と大阪弁だけじゃなく、英語を勉強せなあきまへんわ!と心底思わせてくれた出来事です。

     

     

     

     

    おかげで今となれば、

    ネイティブの人たちと一緒に働けて、

    上のポジションにも立て、

    国際恋愛までも出来る。

     

     

     

    あのイカツイ見た目のオーナーに、

    クビにしてくれてありがとう!と伝えたいほどですな(笑)

    調子よすぎますね( *´艸`)

     

     

     

    それからどうやって英語を自分のものにしたか、

    私なりの英語学習法はまた改めて記事にしていきます♪

     

     

     


    人気ブログランキング

    <スポンサーリンク>



              <スポンサーリンク>
             
    コメント
           
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    スマートフォン

    カウンター

    <スポンサーリンク>

    selected entries

    categories

    archives

            

    recent comment

    • 【Manager's certificateとは?マネージャーになる際に必要なライセンス】ニュージーランド
      Haru
    • 【Manager's certificateとは?マネージャーになる際に必要なライセンス】ニュージーランド
      lisa
    • 【2018年、パートナービザの申請条件と必要な書類】ニュージーランド
      りさたま
    • 海外生活での注意点【身の守り方】癸
      広島ゆき
    • 海外生活での注意点【日本人が日本人を騙す!?】癸
      Haru
    • 海外生活での注意点【日本人が日本人を騙す!?】癸
      Mana Kanetaka
    • トマトソースとケチャップ
      はーる

    links

    profile

    書いた記事数:67 最後に更新した日:2018/08/23
       

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM