ニュージーランドのアルコール事情

0

    JUGEMテーマ:ニュージーランド お酒

     

     

     

    そう言えば、

    クリスマス前に日本から帰ってきて、

    タイとベトナム出身の友達と

    ディナーをした時の話。

     

    一か月半の日本の生活からオークランドへ戻り、

    久しぶりに会う二人♪

     

     

    毎回だけど、

    なぜか三人が揃うと、

    行きたいレストランが閉まってるという、

    摩訶不思議が起こるのです。

     

     

    今回もマレーシアフードを求めて、

    テクテク向かい、

    閉まってる。

     

     

    仕方ない、

    じゃぁベトナムフードでも。

    テクテク向かい、

    はい残念、

    そこも閉まってる。

     

     

    仕方ない、

    じゃぁ韓国フードでも。

    テクテク向かい。

    はい成功!!

    奇跡的に開いてました( *´艸`)

     

     

    普段あんまり飲まない二人だけど、

    久しぶりに三人で会うし、

    ビール一杯ずつ頼みますか♡

     

     

    韓国人の若い子がオーダーを取りに来て、

    ビールを3本くださいな♪っと。

     

    そしたら、

    『ID見せてくれますか?』と。

     

    何を隠そう、この国

    アルコールにはとーーーっても厳しい国なのです。

     

     

    18歳から飲酒できる国、

    ニュージーランド。

    ただし、25歳以下に見える人にはIDを確認して、

    本当に18歳以上なのか確かめる義務がある。

     

    このIDもまた厳しくて、

    IDと認められるものはたった三種類。

     

     

     

    1、パスポート

    ※プリントされたものや、スクリーンショットは適応外。

     

    2、運転免許証

    ※ただし、ニュージーランドの免許証のみ。

     

    3、18プラス

    ※18歳以上を証明するニュージーランドで発行可のカード

     

     

     

     

    もはやアラサーの私だけど、

    アジア人はどうしても若く見られ、

    毎回IDチェックされるので、もう慣れっこ。

     

     

    海外生活が長い人はきっと、

    もう喜ぶとかのレベルじゃなくて、

    あぁまたか。。。

    と、面倒くさくなるレベル。

     

     

    ドイツは16歳から飲酒可能で、

    当時27歳だったにもかかわらず、

    ドイツでは毎回IDチェックされて、

    さすがに16歳には見えないだろーーー(*´Д`)!!!

    と、落ち込んだりもしてたなー。

     

     

     

    年齢確認にはもう慣れっこだし、

    毎回運転免許証を持ち歩いてたので、

    はいどうぞ、と見せたら、   

     

    友達二人が、

    『ID持ってないよーーー!!!!』と。

     

     

    なっぬーーーーーーーーーー( ;∀;)!!!!

     

     

    私たちみんなアラサーだけど、

    ウェイターが『ID見せてください』

    言うたら、必ず見せなきゃいけない。

     

    なぜなら、

    仮にもし私たちが18歳以下で、

    オーダーを取った子が私たちにお酒を売ってしまったら、

    その子が多額な罰金を科される。

     

    さらに、

    その時のレストランのマネージャーにも多額な罰金、

    そしてレストランを何日間か閉めなければいけない。

     

     

     

    私はレストランのマネージャーをしてたし、

    友達二人もレストラン経験があるので、

    オーダーを取りに来た子の気持ちが分かり、

    ビールのオーダーを諦めました。

     

     

    いやもう、このアラサーの3人が

    この韓国レストランでIDチェックされたのは

    全てタイの友達が被ってたキャップのせいだ(*´Д`)!

    ってオチになりました(笑)

     

     

    その時の写真がこちら。

    どう見ても18歳以下じゃないだろーーー!!

     

     

    完全に彼のキャップのせいだ。

     

     

    と、すっごく楽しい時間を過ごしました♡

     

     

    結果、私たちはアルコール抜きでも、

    例えお水だろが

    酔っぱらえるね♡とさ( *´艸`)

     

     

     

    アルコール事情の補足ですが、

    ちなみにレストランで尋常じゃなく酔っぱらう事も禁止されてます。

    ある程度酔っぱらうのはOKです。

     

    もしお客さんが酔っぱらい始めて、

    危険を感じたら、

    マネージャーが責任を持ってその方に退去を促します。

     

    もしそれでも退去を拒否するようであれば、

    警察沙汰になり兼ねません。

     

     

    もし尋常じゃなく酔っぱらうまで

    アルコールをサービスし続けたら、

    これまたマネージャーの多額の罰金、

    運悪く、マネージャーとしての資格(Managers Certificate)

    を失う可能性もあるからです。

     

    このManagers Certificateを取得するのに、

    私もなかなか苦労しました。

    これまた別で記事にします☆

     

     

     

    ニュージーランドのレストランでお酒を楽しむ場合は、

    IDの持参を忘れずに、

    適切な量のお酒を楽しんでくださいねー♡

     

     

     


    人気ブログランキング

    <スポンサーリンク>



              <スポンサーリンク>
             
    コメント
           
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    スマートフォン

    カウンター

    <スポンサーリンク>

    おすすめ

    selected entries

    categories

    archives

            

    recent comment

    • 【Manager's certificateとは?マネージャーになる際に必要なライセンス】ニュージーランド
      Haru
    • 【Manager's certificateとは?マネージャーになる際に必要なライセンス】ニュージーランド
      lisa
    • 【2018年、パートナービザの申請条件と必要な書類】ニュージーランド
      りさたま
    • 海外生活での注意点【身の守り方】癸
      広島ゆき
    • 海外生活での注意点【日本人が日本人を騙す!?】癸
      Haru
    • 海外生活での注意点【日本人が日本人を騙す!?】癸
      Mana Kanetaka
    • トマトソースとケチャップ
      はーる

    links

    profile

    書いた記事数:60 最後に更新した日:2018/05/21
       

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM